世界規模でのグリーンパパイヤの研究、土壌細菌叢の研究

研究員

研究員紹介

Aries S. Catamio 写真

Aries S. Catamio   アリス サムエル カタミオ生物科学学士 微生物学専攻

私の持つ微生物学や生物学に関する知識、才能および研究の能力を活かせることができる研究所を探すうえで、より高品質な生産をする素晴らしい組織の一員として貢献したいと考えています。

profile

ロスバニョス・フィリピン大学 生物科学部 微生物学専攻 最優秀学位卒業
DOST-SEI under RA 7687 特待生
・勤勉、結果を重視し意欲的である ・協調性がある。 ・微生物学技術テクニックと研究室での訓練を積んでいる。 ・食品微生物、GMP、HACCPに関する知識を含め、幅広い研究知識を持っている。

Biography

論 文 :ラグナにおいて鳥の糞から分離される腸球菌の抗菌物質作用
実 習 :DOST IV 地域の食物及び水質試験研究所
実習内容 :食物と水の微生物学的試験
2002~2006年 バリアンナショナル高校  優等学位卒業
学生アシスタント歴:
2007-2008年 2学期 A.L. Barrion-Dupo教授
2007-2008年 夏期 V. C. Cuevas (ECOLAB 2)博士
2008-2009年 1学期 生態学1 研究所
2009-2010年 2学期 微生物学準備室職歴
2010年4月 研究企画アシスタント(契約)ロスバニョス・フィリピン 大学 生物化学科
2010年6月 大学研究関連 II国立分子生物学研究所及びバイオテクノロジー(BIOTECH)UPLB
人物証明: Dr. Ida F. Dalmacio Adviser/ Director, BIOTECH-UPLB (049) 536-2721Dr. Francisco B. Elegado Co-Adviser/ BIOTECH-UPLB (09064183261)Prof. Noel G. Sabino Professor at UP Los Banos ( 09192110613)

1.What experience do you have in this field?この分野における研究について

I finished B.S. Biology major in Microbiology from University of the Philippines Los Banos where all, if not, most skills and knowledge required for the high quality performance of work in this field were taught.
Our courses were focused on food and industrial microbiology which are essential in quality control and food safety in a Food Manufacturing Company.
In addition, i have been working in this field for several years now.

私はロスバニョス・フィリピン大学のB.S. Biology major in Microbiology(生物化学部の微生物学専攻)において研究で最高のパフォーマンスを得るのに必要な技術を学びました。この学問では食品産業に関わる会社の品質のコントロールや食品の安全性といった産業的な微生物学に特化していました。そして、私はこの分野に関わって数年になります。

2.What have you done to improve your knowledge in the last year?この分野の促進に役立った知識はどのようなものですか?

I attended a number of trainings and seminar focusing on food safety management system which includes GMP and HACCP.
I also got a chance to widen my knowledge on Good Laboratory Practices.

GMPやHACCPのような食品安全の調整システムに着目したトレーニングやセミナーに参加しました。
また、研究所の安全基準の知識を広める機会を得ることもできました。

3.What is your philosophy towards work?仕事を成し遂げるためのモットーは何ですか?

“Do not aim for success, aim for excellence”

成功を目指すのではなく卓越した優秀さを目指すことです。

4.Describe your work ethic.仕事の倫理感について

I am always focused on the output.
I make sure that what I submit, do, or present is of high quality and as much as possible exceeds the expectation of others for I believe that It’s the output/final product that really matters most not the effort you spent, time you consumed, and methods you used.

私はいつでもアウトプットにフォーカスします。
私はほとんど努力せず、時間も消費しない、または使われなかった手法で得られた事実やなどがアウトプットや完成品だと思っている事に対して、私の研究や成果、現在できうる高品質、そして可能な限り周りの期待を超えているかを確かめます。

5.What is your greatest strength?一番の強みは何ですか?

I am a problem solver.
I am always ready to face and excited to solve problems especially when everyone else does not know how to solve them.

私は解明者です。
特に誰も解決方法を知らない未知の問題の解決の準備をいつもしていますし、同時にわくわくしています。

6.What motivates you to do your best on the job?一番の仕事をするためのモチベーションは何ですか?

Recognition or acknowledgement on the works that I have done.

私自身の成果を認められることや実績の証明です。

7.What has disappointed you about a job?仕事上で落胆することは何ですか?

Disacknowledgement of the works I that have done.

成果が認められない時です。

8.What have you learned from mistakes on the job?ご自身の実績から得られたものは何ですか?

I used to think that my suggestions were always the best answers to problems, but I have learned that acknowledging other’s opinions extend the possibility of getting the greatest solution to a problem.

私はいつも自分の提案が最も正しいと信じてきましたが、他の研究者たちの意見を認識することで最も素晴らしい問題解決へのの可能性の広がりを感じました。

9.Tell me about your dream job.理想の仕事とは何ですか?

A job that will keep me excited to work every day and will compensate me based on my skills, knowledge, and work I accomplished.

毎日私の探究心をくすぐり続けてくれるような、また、私の技術や知識、成果をより積み重ねていけるような仕事です。

10.Why do you want to work for this organization?なぜ大里三旺研究所のため働きたいのですか?

I want to be a part of a Company that caters to human health and well-being.

人の健康と幸福に役立つような会社に関わりたいと思ったからです。

11.Tell me about a suggestion you have made.これまでの研究における提案について教えてください。

Much of the suggestions I have made and approved so far have something to do with the modification of laboratory procedures and addition of other tests which would help in the maintenance of food safety in the manufacturing area.
I also added some testing procedures, specifically on environment monitoring, to ensure cleanliness of production areas.

私は多くの提案や、これまでに認められたテスト手順の変更や製造部門における食の安全を維持することに役立つ実験の追加をしてきまた。
すべての研究所の手順を見直し、国際的に認められた標準的なテスト手順を厳守することを明らかにしました。
さらに、多くのテスト手順、特に生産地域を保障するような環境的な観察を追加しました。

12.Why do you think you would do well at this job?この仕事に貢献できると考えたのはなぜですか?

My skills, knowledge, and trainings are well-focused on microbiology and food safety which are needed in performing quality control and safety of the finished products.

私の技術、知識や研究は微生物学や、既製商品の安全や品質制御の実行に必要な食品安全によくマッチしていると思いました。

13.How would you know you were successful on this job?どのような時に成功を実感しますか?

Exceeding expectations and meeting them. Continuous recognition of high quality outputs I have made is my basis of success in a job.

期待を超えた時とそれが分かった時。私が行ってきた高品質なアウトプットの認識を続けることは私の成功のベースになります。

14.Do you have any blind spots?何か盲点をありますか?

None

ありません。

15.Tell me about a time when you helped resolve a dispute between others.他の人の論争の解決に尽力した際のお話を聞かせてください。

I was the person who, somehow for unknown reasons, received a lot of complaints or grievance from a co-worker having a dispute with other co-worker.
What I did was that I talked privately to the person complaining and asked her about the cause. I listened to her side and then ran into the co-worker she had dispute with and listened also to her complaints.
I tried to get both sides of the story so I can figure out what went wrong or on what point that they had the misunderstanding.
I made sure that I became unbiased and weighed their sides well. I then talked to them again individually in a comedic way so that it would relieve stress, tension, and anger within them before I said my suggestion.
I emphasized on the effect it might bring not only to their work but also to their friendship and that there was no other way but to accept each other and set aside the issues that covered them.
And I made sure they talked to each other about the problem and apologized to each other for whatever they did wrong.
Fortunately, their dispute was ended.

理由は分かりませんが私はよく同僚同士の争いごとの不満や悲しみの相談を受けていました。
まず私がやったことは、個別に同僚と話し何が原因なのかを尋ねました。
私は彼女の話に耳を傾け、その後争っている同僚の苦情にも耳を傾けました。私は彼女の話に耳を傾け、その後争っている同僚の苦情にも耳を傾け、公平に両者の立場になりました。
そして、私の考えを話す前にストレスや緊張、怒りを和らげるために冗談を交えてもう一度個別に話をしました。
そしてお互いを受け入れ、問題に固執せずにいることが唯一の解決方法でその効果は仕事だけでなく友情はもたらすと強調しました。
問題について話合い、どのような間違いでも互いに謝ることを伝えました。
幸い、その争いは収束しました。